So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
文学小説 ブログトップ
前の10件 | -

室生犀星「蒼白き巣窟」 [文学小説]

先日購入した、室生犀星の作品集(Kindle版)に「蒼白き巣窟」という短編小説があります。作者が遊郭の中に入り込み、女達の生活を描き出しつつ客の1人として関わる様を描いた作品です。巣窟の規模は四千何百個とあり、それなりに大きな規模かと思います。

「私」と女郎「おすゑ」のやりとりが一つプロットとしてまとまっていますが、これを見ると「遊ぶ」ということも人間関係の一つであることがよくわかります。

さらに、病気の祖母を抱えた女が「私」を自宅に招き入れる部分。これはもう、生活の場と商売の場が完全に重なってしまっていて、正直読んでいてかなりの違和感を覚えました。女の身の上と商売は関係ないだろうという気持ちが先に立ったのです。でも読み進めていくうちに、このような実態は存在し得たであろうし、女が置かれている境遇を考えるとこの形しかあり得ないだろうと納得せざるを得ませんでした。これが作品中の二つ目のプロットになっています。「私」はこの女に銀貨を恵むのですが、立場の上下関係から来るいやらしさは全く感じられません。まあこれは金持ちの旦那が気まぐれお金を恵んでやるという流れにはなっておらず、犀星も丁寧な描写を心がけているせいかと思いますが。貧困から来るやるせなさを感じるかはおそらく人それぞれで、私は、文体は結構ドライな感じでやるせなさはあまり感じませんでしたが、読む人によって意見は分かれるかもしれないなと思いました。

ここに出てくる人の生活レベルは底辺層です。そこから来る場末感を作品中にぶちまけ、所々にきらりと光る登場人物同士のやりとりを丁寧に拾っていくという、犀星が得意とする手法ですね。
nice!(2) 
共通テーマ:

室生犀星「或る少女の死まで」と「ザボンの実る木のもとに」 [文学小説]

以前に、ブログで村上春樹『ノルウェイの森』と「螢」の関係について論じたことがありました。「螢」は『ノルウェイの森』の一部となっている短編集で、『ノルウェイの森』は「螢」をほぼ完全な形で含んでおり、作品の出発点となったと考えています。

同様の構造を、室生犀星「或る少女の死まで」と「ザボンの実る木のもとに」にも見ることができます。「ザボンの実る木のもとに」は「或る少女の死まで」の一部と見なせる作品ですが、「或る少女の死まで」はそれほど長い作品ではないので、一部と言うの言い過ぎかもしれませんが。

ところで後者の底本は「室生犀星全集第一巻」新潮社、昭和三十九年とされており、「或る少女の死まで」よりは新しい作品のようです。とするとこれは作者が「或る少女の死まで」と書いた後で、そのコアとなる部分を再度取り出して結晶化したものと考えられるかもしれません。

※下記の電子本を読みました。

『室生犀星作品集・57作品⇒1冊』

『室生犀星作品集・57作品⇒1冊』

  • 出版社/メーカー: 室生犀星作品集・出版委員会
  • 発売日: 2016/12/21
  • メディア: Kindle版



nice!(1) 
共通テーマ:

室生犀星「或る少女の死まで」 [文学小説]

こちらも、Kindle端末で読める電子書籍を入手しました。
著作権が切れているのか、67作品を1冊にまとめたものが99円でした。

「或る少女の死まで」を再読しましたが、こちらは初読のときと印象がほとんど変わらず。
登場人物が暮らす世界の、場末感がぷんぷんする作品なのですが、その中でふじ子の美しさが際立っています。

色々な作品が詰まっているので、楽しめそうです。
nice!(0) 
共通テーマ:

福永武彦『草の花』再び [文学小説]

かなり久しぶりの書き込みです。

福永の作品もいくつか電子書籍化されており、『死の島』をはじめ、『草の花』、『廃市・飛ぶ男』、『夢見る少年の昼と夜』、『風のかたみ』などがAMAZONやApple Storeで入手できます。

福永の小説を電子書籍の形で持っておくと、KindleやiPhoneからいつでもアクセスできてよいですね。常に読むとういうわけではありませんが、昔、出かける際に文庫本を携行するような感覚です。

久々に『草の花』を読み返しましたが、第二の手記の中に書かれた、汐見茂思の戦争に対する苦悩、千枝子とのやりとりが心に残りました。以前は興味が第一の手記の方に行っていたので自分でも意外でしたが。。


nice!(1) 
共通テーマ:

福永武彦『草の花』を再読 [文学小説]

昨日、海外出張しましたので飛行機の中で再読しました。私は機内ではあまり映画は観ないので、割とまとまって本が読めます。

第二の手記で、塩見にのしかかる戦争の恐怖と人を殺すということに対する心の軋轢、そしてそこから救いを求める気持ち、解決の見えない慢性的な圧迫感をひしひしと感じました。第二の手記がこれほど強いインパクトを持ったのは初めてでした。

自分が出兵して戦争に参加する、その恐怖と人を殺さなければならないという恐怖に立脚して、キリスト教の問題や千枝子とのやりとりが展開します。今度の再読ではここの部分に一番惹かれました。

以上
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

スタニスワム・レム/飯田訳『砂漠の惑星』、ハヤカワ文庫(2006)、760円 [文学小説]


砂漠の惑星 (ハヤカワ文庫 SF1566)

砂漠の惑星 (ハヤカワ文庫 SF1566)

  • 作者: スタニスワフ レム
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 文庫



スタニスワム・レム/飯田訳『砂漠の惑星』、ハヤカワ文庫(2006)、760円
ISBN978-4-15-011566-1 C0197
☆☆☆☆★

いわゆる、ファーストコンタクト(地球外知的文明との最初の遭遇)もの。であるが、「インディペンデンス・デイ」のように宇宙船に乗った異星人が派手に攻め込んできたり、「コンタクト」のように友好的な異星人とコミュニケーションが取れる、といった類のストーリーではない。

「インディペンデンス・デイ」も「コンタクト」も、ファーストコンタクトを人間同士の歴史の延長線上で捉えている。わかりやすくて楽しめる反面、リアリティの面から疑わしい。我々は地球外知的生命はおろか地球外生命すら発見していないのだから事実どうなのかは確かめようがないが、少なくとも地球外知的文明は地球人とは全く異質の、もしかしたら我々の理解を超えているかもしれない、という一種の客観性というか謙虚さはどこかに持っていて然るべきである。そして、レムのこの作品は、まさにそのような視点から書かれた、良質のハードSFである。

物語は、6年前に消息を絶った宇宙船コンドル号を捜索するため、無敵号が砂漠の惑星に着陸するところから始まる。無残な姿で発見されたコンドル号、そして乗員の死体。しかしそこには攻撃された痕跡は無く、彼等が遭難した理由はさっぱりわからない。しかしやがてコンドル号の船内に残された、最初は取るに足らないと思われた奇妙な事実がつなぎ合わされ、隊員から驚くべき仮説が提案される。やがて無敵号の乗員にも被害者が出始め、事態は急展開を迎える。窮地に立たされた無敵号の乗員は、どのような決断を取るのか?

オリジナルは1970年代に書かれたもので、作家はロシア人である。本書は1977年にハヤカワ文庫SFから刊行されたものの新装版とされている。読んで頂くとわかると思うが、言葉が古い(^^; コンピューターという言葉は使われておらず、「電子頭脳」となっているし、「反物質放射機」、「自動機械」、「指示器」といった聞き慣れない言葉が次々に出てくるが、まあこれはこれで新鮮に楽しめるだろう。

この物語は、地球外文明は我々の理解を超えているかもしれないし、そのような場面で我々はどのように行動するのかを我々に問いかけており、それがまさにこの作品の本質である。この作者は、『ソラリスの陽のもとに』という、知性を持つ海を題材にした作品を書いており、本作品はそれと共通のテーマを包含している

以上


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

中村真一郎 若き日の日記 [文学小説]

昨日の読売新聞夕刊に、中村真一郎が旧制一高入学前後につけていた日記が刊行されるとの記事が出ました。1934年10月から37年6月までの5冊などだそうで、同級生だった福永武彦との友情なども綴られているそうです。面白そうなので、購入予約しました。

AMAZONから予約できます。

中村真一郎青春日記

中村真一郎青春日記

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 水声社
  • 発売日: 2012/05/15
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「檸檬」の原形 幻の自筆稿 [文学小説]

2012年3月17日の読売新聞夕刊に、梶井基次郎「檸檬」の原型となった挿話を含んだ小説「瀬山の話」の自筆原稿が見つかったとの記事が出ていました。実践女子大が古本屋から購入し、今年中に公開を予定しているとのことです。

梶井基次郎の「檸檬」は、高校の時に現代国語の教科書で読みました。檸檬を爆弾として見立てて洋書屋に置いてくるという、その行為の異常さが頭にこびりついていますが、それ以外は取り立てて記憶に残っていません。新聞記事の解説には、「檸檬」は近代の倦怠と絶望を鋭い感受性で描いたとされていますが、いまひとつピンときませんねえ。

以上
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

開高健の未発表作品発見 [文学小説]

2012/1/5の読売新聞朝刊、社会面に開高健の未発表作品発見の記事が出ています。
自筆原稿57枚、「なまけもの」(芥川賞後第一作品)の原型となった作品の可能性がある、と書かれています。が、私は「なまけもの」を読んだことがありません。戦後の混乱期を生きる苦学生を描いた自伝的な作品、とあるので、時代的に福永作品と重なるかもしれず、興味はあります。AMAZONの書籍データベースをチェックするツールで調べてみたところ、「なまけもの」というタイトルの本は出ていないようでした。

開高健の作品は、今までに読んだものは1本のみ、新潮文庫絶版100冊のCDに収められていた『新しい天体』という作品です。予算消化のため、大蔵省の人間が景気調査と称して全国の名物を食べまくるという、まるでお菓子の家の大人版のような話でした。読み終わった時には、変な作品だなあという印象しか持ちませんでした。しかししばらく経ってみると、その異様な場面設定と精密な料理の描写が頭に焼き付いています。結構、名作だったかも(笑)。

以上
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

福永武彦『死の島』再読終了 [文学小説]

『死の島』を再読しました。

最初から最後まで一気に読んだのは実に20年ぶりです。非常に強いインパクトを受けました。今までも強いインパクトを受けた作品はありましたが、唯一、福永武彦だけがいくつもの作品で私にインパクトを与え続けています、今も昔も。今更ながらこのような作家に巡り会うことのできた幸福を感謝すると共に、この感覚は一生大事にしていこうと思いました。

初読のときも一気に読んだ記憶がありますが、面白かったといううっすらした記憶のベースの上に、「或る男」の態度にやたらと腹を立てたこと、相見綾子が愛おしかったこと、三通りの結末が全くハッピーではなかったことが思い出されます。今回読んでみて感じたのは全く別の点で、相見綾子よりもむしろ萌木素子に強く惹かれました。萌木素子は「それ」に捉えられて最後は自ら命を絶ちますが、自殺の直前に相馬鼎のアパートを訪ね、唇を重ねる場面に強い命の輝きを感じたのです。一見すると、相見綾子の方が格段に「生命力」は強そうに見えますが、「生きようとする意志」は萌木素子の方が上でしょう。ただし、萌木素子には「意志」を打ち消す「それ」が内包されていますので、差し引きマイナスとなって命を絶ってしまうわけですが。

相馬鼎は二人の内面に食い込む鋭さを持ち合わせていないし、二人に生じたクライシスを理解することもできなかった、と様々な批判を浴びています。二人を別々のやり方で愛していた、という解釈もできなくはないですが、相馬鼎は萌木素子に「好きだ」とはっきり言っているわけです。だから三人の関係を三角関係とは読めないし、本質的な構造としてこの小説はそのようにはできていないと思うんですね。萌木素子が背中のケロイドを見せても相馬鼎は引かなかったし(ある意味鈍感だったわけですが)、相馬鼎と萌木素子が本質的なところですれ違ってしまっているからこそ、萌木素子は意を決して相馬鼎のアパートを訪れるところまで言ったのではないかと思うのです。しかしそこで二人がすれ違ってしまったので、萌木素子は「それ」に捉えられてしまった。point of no returnを超えてしまったわけです。

一方で相見綾子はどうか、彼女は萌木素子の魂に対して何ら本質的な影響を与えなかったし、二人が服毒自殺を遂げる最後の最後まで関係に変化がありませんでした。これは驚くべきことで、なぜならば相見綾子のようなキャラクターは萌木素子を充分に包み込めるだけの資質があるように当然読者は期待するからです。一見、「生へのエネルギー」が一番高そうに見えますが、盲腸炎で入院し、入院先の病院で服毒自殺を図った彼女はその時点で既にpoint of no returnを超えていた、と解釈できるでしょう。とすると二人が歩調を揃えて広島で服毒自殺を図ったのは何ら不思議ではありません。萌木素子は相馬鼎とすれ違った時点で運命が定まりましたが、相見綾子は盲腸で入院した病院で、もっと正確には「或る男」から逃げた時点で運命が定まっていたと解釈できるでしょう。

「或る男」も悪といえば悪ですが、その悪の生成源は幼い頃に母親と逃げた記憶、それから施設病院での母親の死、成就しなかったああちゃんへの想いで構成されています。これを萌木素子の被爆体験とつなげて同列に論じてしまうのはやや乱暴な気がしますが、「或る男」のモノローグでは「或る男」は萌木素子と同質の人間だ、と考えています。でも、ちょっと違うなあというのが正直な感想で、「或る男」の「悪」は人間思慕とそれが叶わない寂しさからできていて、そのベクトルは外側を向いているのに対し、萌木素子にあるのは「絶望」といったあくまで自分自身の内面に向かったベクトルであるように思うのです。

私は今、この文章を京都へ向かう新幹線の中で、シベリウスの「トゥオネラの白鳥」を聴きながら書いています。この曲は最初萌木素子のイメージを表しているのかと感じましたが、今ではこの曲は二人の鎮魂歌に相応しいように思います。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 文学小説 ブログトップ