So-net無料ブログ作成
検索選択

佐藤文隆『科学者には世界がこう見える』、青土社(2014) [自然科学]

理論物理学者が書いたエッセイです。理論物理学は数学を道具として世界を見ていくので、少し前に載せた「数覚」をお持ちの方たちだろうと思われます。大昔になりますが、ロゲルギストK2氏という物理学者の集団が書いた、『物理の散歩道』というエッセイ集を面白く読んだ記憶があるので、この本もその延長線上にある感覚で読みました。

自分が期待したような、「数覚」を駆使した世界観が展開されていたわけではなかったので、そのような観点からは空振りに近かったのが正直な感想です。ですが、「紙と鉛筆でできる学問」に対して面白い解釈が与えられていたのが記憶に残りました。

私は、「紙と鉛筆でできる学問」というと、コストがかからず頭(アイディア)勝負、ただし成功すれば世の中をひっくり返すような大発見、のようなイメージを持っています。ところがこの本では、「そもそも紙というのは昔は非常に高価なものであって、それをふんだんに使用する学問(この場合は数学を指しています)というのはとても贅沢なものだったのだ」と、コストは高いのだと指摘しています。

想定している時代が異なるので、私のイメージと単純に比較することはもちろんできません。今は、紙というのは容易に手に入るわけで、紙と鉛筆というのはほとんどコストがかからないと同義です。がしかし大昔は手に入れること自体がそもそも非常に難しかったとすると、現代では非常に高価な実験装置に該当するものだったのかもしれません。

記号を使って考えるのは、地面に石で書き付ければ簡単にできます。紙と鉛筆は思考過程を記録しておくためのツールで、昔はこれが非常に高価だった。ということは長期間にわたって思考を展開することが高価だったと言えるでしょう。現代では紙と鉛筆のコストはほぼゼロとなり、コンピュータの使用コストも劇的に下がりました。現在の科学研究におけるコストの議論は高価な測定装置であったり観測を行うための人件費だったりします。紙が高価だった時代と比べると、文明は明らかに進歩しているのです。


科学者には世界がこう見える

科学者には世界がこう見える

  • 作者: 佐藤文隆
  • 出版社/メーカー: 青土社
  • 発売日: 2014/11/20
  • メディア: 単行本



nice!(0) 
共通テーマ:

一高の青春54年をDVD化 [日々のこと]

古い新聞の切り抜きを整理していたら、旧制第一高等学校(一高)の校友会雑誌380冊が1枚のDVDにまとめられたとの記事が出てきました。2006年2月18日の、朝日新聞夕刊に掲載されたものです。

日本近代文学館編集、八木書店が発売、価格は89万2500円とあります(※現在は85万円+消費税だそうです。下記URL参照)。気軽に手を出せる金額ではないので、大学等の図書館あるいは玄人の研究者向けの製品ですね。

八木書店のサイトに行くと紹介記事があります。現在でも取り扱いはあるとのこと。
http://www.books-yagi.co.jp/pub/pages/koukyu/

未知の作品が埋もれているかもしれず、学術的な価値があるとのこと。とにかく「校友会雑誌」を全てデータとし登録してしまい(だたし2巻ほど未発見のものあり)、内容の精査はこれからといったスタンスです。そうするとたった89万円で新しい発見があり、論文化できるのだったら安いものだとも言えます。ただし未知の作品が発見されれば、ですが。
380冊のデータが1枚のDVDに収められてしまうというのも、保管場所や検索の手間を考えれば大変便利かと。専用のアプリを使って検索がかけられるようで、デジタルデータならではの分析アプローチができるでしょう。これでまた論文が書けてしまうのであれば、89万円は高くはない買い物かと思います。

もちろん、当然のことながら私にとっては高い買い物です(笑)。
nice!(0) 
共通テーマ:

デイヴィッド・T・コートライ『ドラッグは世界をいかに変えたか-依存性物質の社会史』、春秋社(2003) [社会科学]

嗜好性のある物質、サイコアクティブ化合物と人間社会(文化)の関わりの歴史について概観した本です。サイコアクティブ化合物というと、たいていの人は麻薬、タバコ、酒が思い浮かぶと思いますが、著者によると砂糖、カフェイン(お茶、コーヒー)も含まれるとのこと。カフェインはわかりますが、”砂糖”が入っているのは面白いですね。

”ドラッグ”というと、生きていく上で必需品ではないが、いったんはまると習癖性が強く抜け出すのが困難で、身体には悪い、という先入観がありましたが、生きていく上での必需品であればそれを身体が強く求めるというのも確かなので、サイコアクティブ性があってもおかしくありませんね。単に言葉の問題で、”嗜好性”をどのように定義するかでしょうか。

このような、文明を問わずに強い嗜好性があるものというのは、時代や国を問わずに為政者にとって格好のツールになったり、密輸やヤミ流通のアイテムになったりするわけです。需用に比して供給が少ないと、かさばらなくて高額な品物がこっそり扱われるというのはアイテムを問わず普遍的な事実ですね。ここから、法律で禁止されているか、その利用が厳しく制限されている品物が、権力や戦争といかに強く結びつき得るかというのを、この本は様々な歴史的事実から説明しようと試みています。

もし仮に身体に安全で安価なドラッグが登場すれば(可能性としてはあり得ます)、我々の文化はがらりと変わってしまうのかもしれません。伊藤計劃(いとうけいかく)の『ハーモニー』に描かれたように、争いや憎しみが消えると同時に愛情や創造も消えるといった世界が出現するのか、それとも人類ver2のようまったく新しい世界が開けるのか。。そのような物質が創成できたとしたら、まずはサルあたりで試して社会がどのように変化するかを調べなければなりません。

日本呼吸器学会が入会の条件として禁煙を必須としたという噂を聞いたので、学会のホームページに行ってみましたがそのような記載はありませんでした。ずいぶん前には学会会場に喫煙コーナーがありましたが、今はあるんでしょうかね。


ドラッグは世界をいかに変えたか―依存性物質の社会史

ドラッグは世界をいかに変えたか―依存性物質の社会史

  • 作者: デイヴィッド・T. コートライト
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2003/05
  • メディア: 単行本




ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 伊藤計劃
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2014/08/08
  • メディア: 文庫



nice!(1) 
共通テーマ:

数覚その3 [自然科学]

あることで世間に認められる(ざっくりと言えばそれでお金を稼げるようになるという意味)には、どの程度の時間が必要かについて。

米長邦雄『人間における勝負の研究』、祥伝社によると、青春時代に集中した5,000-6,000時間。ちなみに米長氏は棋士(プロの将棋指しです)

佐藤亮子『受験は母親が9割』、朝日新聞出版によると、10,000時間。この本には司法試験は10,000時間勉強したら通るという記述があります。

その人が置かれている環境、すなわち年齢、立場(学生か、社会人か)、経済条件(塾やセミナーなどに通える金銭的余裕があるか)にも左右されますが、若くて集中可能な環境で5,000時間程度、そうでなければ倍の10,000時間程度といったところでしょうか。もちろんその「あること」に対する正しいモチベーションが保ち続けられることが条件です。
理系の大学生で、1年生から4年生まできちんと真面目に勉強するとして、専門科目に絞ったとします。下記のような試算で7,200時間となりました。

大学4年生:卒業研究に没頭、1日10時間 x 300日 = 3,000時間
大学3年生:専門科目を集中して取得、1日8時間 x 300日 = 2,400時間
大学2年生:専門科目の基礎を取得、1日4時間 x 300日 = 1,200時間
大学1年生:一部の専門科目を取得、1日2時間 x 300日 = 600時間

でも最近は最低でも修士課程まで終えないと専門職の扉をたたけません。修士課程では更に研究に没頭する必要があるので、1日12時間 x 300日 x 2年 = 7,200時間とします。これを学部時代にプラスすると合計して14,000時間超をかけることになります。あくまで理系の技術職で企業への就職を念頭に置いた試算ですが、結構大きな数字になってしまいました。言い古されたことですが、やはり好きなことでないとここまでは続かないし、続かなければモノにならないので、これだけ投資するかはきちんと考えた方がよいと思います。

nice!(1) 
共通テーマ:

ノーベル文学賞その2 [日々のこと]

今年も、村上春樹は受賞しませんでした。

新聞には、カフェに集まったファンがネットで受賞者の発表を見ていて、村上春樹が受賞しなかったことがわかると大きなため息が流れたと報じられておりました。10年近くも受賞候補になっていて、まだかまだかと待ち望んでいる雰囲気が伝わってきます。さらに時間が経つと、受賞して当然だ!という雰囲気に変わったりして(笑)。

この新聞記事には、村上春樹が推される理由として、彼の作品が多数の言語に翻訳され、広く世界中で読まれていると書かれていました。これはどうやら必須条件のようです。ノーベル賞は”全世界”で受け容れられていなければならないってことですかね。そのような人はもちろん存在するのでしょうか、如何に人の心に響いたかで測られるものだから、結構恣意が入りますね。例えば100人の人に人生が変わるほどの深い感動を与える本と、10,000人にちょっと面白いなと思わせる程度の本ではどちらか価値があるか、一概には決められないですよね。これは、もうエイヤで決めるしかない。その点、仮説や有用性が実験や実臨床の場でシビアに試される自然科学の受賞基準はずっとシンプルかつ客観性がありますね。


nice!(1) 
共通テーマ:

ノーベル文学賞 [日々のこと]

ノーベル生理学賞と物理学賞での日本人受賞に湧いていますが、これでもし村上春樹がノーベル文学賞を取ったら日本国中が祭になるんだろうな。

ちょうと、たまたま、『村上春樹はくせになる』という、2006年に購読してまだ読んでいなかった本を読了したところですが、本の帯に「近し!ノーベル文学賞」と書かれています。受賞の噂が立ってから少なくとも9年経過しているのですね。でも村上春樹がノーベル文学賞もらいそうだっていう根拠って、確固たるものがあるのですかね? 自然科学と違って、どの程人類に貢献したかを測るのは難しそうだ。
nice!(0) 
共通テーマ:

お店にある商品持ち出し検出器 [日々のこと]

先日、家の近くにあるあまり大きくない書店で買い物をしていたときのことです。入り口付近に設置されている商品持ち出し検出器が鳴ったのですが、ひっかかった人はそのまま退出してしまい、お店の人も追いかけることはありませんでした。

持ち出し検出器というのは、商品に貼ってあるICタグと検出器から成り立っていて、ICタグがついたまま持ち出そうとすると検出器が警報を出すしくみになっています。家電量販店で広く普及していますが、最近ではあまり大きくない店でも導入されているのですね。
検出精度がどの程度なのかはわかりませんが、ICタグ以外のものでも反応してしまうことはあるようで、アラームが鳴ったからといってクロであるとは限りません。お店側としては万引き防止の為に設置しているのでしょうから、アラームが鳴ったらお客に確認させてもらうというのは筋が通っています。

ところが、私はアラームが鳴ったからといって店員がお客に確認を求めている風景を今まで見たことがありません。その理由は単純で、店員がそこまで手が回らないから。家電量販店は最近はフロアにいる店員の数が少なくて、商品について説明してもらうのも一苦労ですし、個人商店ではお客が支払いで列を作っているときにアラームの対処をするのは難しいと思われます。私が先日目撃した光景もまさにそんな感じでした。

とすると、この検出器で万引きを現行犯で捕まえるのは無理。。それでは一体何のために設置されているのかというと、”威嚇”の意味合いが大きいのでしょう。防犯カメラの画像と併せて、アラームを鳴らした人物はビデオにちゃんと残るわけですしね。商品をこっそり盗もうとした奴を未遂で終わらせる作用もあるかもしれませんが、アラームが鳴っちゃったら盗もうとしたことがバレバレですし、すごすごと返しに行くのもちょっと考えにくいかな、と思います。だから、このシステム真の狙いを考えると、商品全部にICタグを付けなくても適当に一部に付けておいても効果はさほど変わらないのではないでしょうか。

nice!(0) 
共通テーマ:

『生命-永遠を志向するもの』、丸山圭藏著、共立出版(1979) [自然科学]

36年前に出版された、大学1,2年生向けの生命科学入門書。私が大学2年生のとき、植物学の先生から、「ちょっと癖があるけど、面白いから読んでみたら」と紹介されたのでした。しかしその当時で既に入手は難しく、ずっと心に引っかかっていてようやく古本屋で入手したのが1998年、そしてめでたく先日2015年の10月に読了!

特に分厚いわけでもなく、書かれている内容が非常に何回というわけでもないですが(もちろん日本語で書かれています)、植物学の先生が「癖があるけど」といった理由はなんとなくわかります。ちなみにこの植物学の先生もかなり癖のある人でした。

著者の丸山先生は植物学科を卒業されており、細胞生物学を専攻したと紹介されています。つまり、理学の人ということです。内容としては、細胞から人間の将来までを網羅的に紹介し、その所々に古今東西の哲学者や詩人の科白が引用がちりばめられています。もちろん書かれている内容は実験により証明された、その当時で妥当とみなされる科学的な真実に基づいていますが、「生命」とは何なのか、トータルに捉えようとした姿勢が強く伝わってきます。人間の生物学(第7章)は最後に配置されており、人間は生物の(ほんの)一部に過ぎないという立場からの記述になっています。医学系の人には違和感があるかもしれません。また遺伝子工学や細胞工学などの応用的な話はほとんど含まれていません。

非常に古い本ですし、知識を取得するという意味で読む価値はほとんどありません。でも生命をどのように捉えようとしたのか、その姿勢を読み取るのであれば面白いと思います。この本が書かれた時代では入門書だったのでしょうが、今手に取るのであれば生物学をきちんと勉強した、大学4年生以上でないと意味が無いかもしれません。

でも、私はこの本を神田の明倫館で見つけたのですが、AMAZONにちゃんと入っているのですね。世の中便利になったもんだ(笑)



生命―永遠を志向するもの

生命―永遠を志向するもの

  • 作者: 丸山圭蔵
  • 出版社/メーカー: 共立出版
  • 発売日: 1979/02
  • メディア: 単行本



nice!(0) 
共通テーマ:

数覚その2 [自然科学]

数覚についての話を続けます。

私は(数式なしの)宇宙論や量子力学が好きです。最近はこの分野を研究している研究者が書いた啓蒙書がたくさん出ていますが、数式が入ったもの、数式は入っていないが科学的な厳密さをなるべく保とうとしたもの、それ以外とだいたい3つに分かれます。一番最後は、数式が無く身近なイメージで説明しようとするものです。

この、3つのタイプの啓蒙書(ここで言う啓蒙書とは、専門課程に学ぶ学生や研究者を対象に書かれたものではない、という意味)は同じ内容を扱っていても、アプローチが異なります。

例えば、ブラックホール。数式が入った啓蒙書ではアインシュタインの一般相対論の数学的な解に現れるといった説明になって、特異点では物理法則が破綻すると述べられます。数式なしの啓蒙書ではこういったことが言葉で説明されるわけですが、ブラックホールが実在するのであれば特異点も実在するわけですし、そこで何が起きているのかを言葉で説明するのは至難の業です。

また、宇宙が膨張しているという話があります。数式なしの啓蒙書では宇宙を風船に例え、風船に息を吹き込んで膨らませるのを宇宙の膨張の例えとしていますが、それならば風船が存在する空間に相当するものは何なのかといった疑問が湧いてきます。それは我々が知っている物理学では調べられないと言われても、腹に落ちるような理解は難しいでしょう。事実、風船の例えは混乱を招くので望ましくないと批判する科学者もいます。

私は、数式ありの宇宙論や量子力学を楽しむための感覚を持っていませんが、これらを直感的に理解するのはおそらく無理。啓蒙書をいくら読んでもある一線より先へは行けないことがわかったので(あたりまえですが)、最近ではこの分野の数式無し啓蒙書を読むのは止めています。これらを正確に理解するには数式ありの本を理解しなければならないのでしょうが、そのために必要なコストはかなり膨大なように思えるので、結局のところある一線を越えられないのです。

nice!(0) 
共通テーマ:

人身事故の時の車掌さんの対応 [日々のこと]

昨日、中央線(東京都を東西に走る幹線)に乗っていたら、人身事故に遭遇しました。事故が発生したのは高円寺駅で、乗っていた電車は中央特快だったのでこの駅は通過するはずだったのが、ホームの中間付近で人に接触したとかで緊急停止。ちょっと触れたという程度では済まなかったようで、結局1時間近く遅れました。

緊急停車した電車はホームの途中で立ち往生し、後ろの車両はホームにかからずにドアを開けられませんでした。負傷者の救出作業は難航し、事故発生から20分くらい経って、ホームにかかっている車両のドアのみを開け、乗客を外に出すとのアナウンスがありました。作業のためいったん電車の電源を落とすとのことでエアコンも止まり、車内の温度は上昇、結構人が乗っていて混雑しており、お年寄りや子どもも乗っていたので結構大変だったと思います。(私が乗っていたのは最後部の車両です)

後からわかったことですが、この電車は10両で4両と6両をつなげた編成になっており、途中に運転台があったのでそこから先の車両へ移動できないのです。つまり、後ろの車両に乗っていた乗客は、電車が完全にホームに入るまでは外に出ることはできなかったのです。

車掌さんと乗客が交わしていた会話を漏れ聞くところによると、電車の電源が落ちてしまうと車内アナウンスも不可となり、さらに外との連絡も取れなくなってしまうとのことでした。事実、状況を知らせに駅員が徒歩で車掌さんのところに連絡に来ていました。

車掌さんは、当然この電車の編成のことは知っていた筈です。しかし電源が落ちる前にそのようなことをアナウンスで知らせることはありませんでした。乗客にちゃんと状況知らせろよ、という見方もできますが、しかし。。

全部正直に言ってしまうと、直ぐに電車から降ろせというお客さんが出てくる可能性が高いでしょうし、小さな子どもを連れたお母さんは不安に思うでしょう。しかしながら、乗客を線路に降ろすとなると誘導のための係員が必要ですし、平行して走っている中央緩行線も止めなければなりません。この電車の直ぐ後にも電車が駅間で立ち往生しており、そちらの乗客も降ろすとするとやはり誘導が必要です。高円寺駅にそんなにたくさんの駅員がいるとは思えませんし、応援を頼んで準備するにしてもそれなりに時間がかかるでしょう。線路を歩かせる際の安全性上の懸念もあります。だったら移動できない乗客は車内に出来る限り留まってもらい、具合が悪くなった人が出たらその都度対応する方がベターという判断は充分にアリです。

乗客が降り始めているはずなのに、30分以上経っても電車から降りられないのは何故??ときっとみんな思っていたと思いますが、騒いだり具合が悪くなった人は(すくなくとも私が乗っていた車両には)いませんでした。

まとめると、

1.人身事故で電車が止まり、車内から出るには線路に降りることが必要だった。
2.車掌さんはそのことを(たぶん)敢えて乗客にアナウンスしなかった。
(もし知らせたら、直ぐに下ろせという乗客が出てくる可能性があった)
3.結局1時間近く経って電車は動いたが、車内トラブルは特に発生しなかった。
4.もし乗客を線路に降ろしていたら、莫大な手間と安全上の懸念に対応する必要があった。リスクベネフィットの観点から、降りられない乗客は敢えて車内に留まらせる判断をしたものと思われる。

それではどれくらい経過したら乗客を線路に降ろして脱出させるのか、今回はそこまでわかりませんでしたけど、○時間経過したらか、あるいは乗客○○人以上が問い合わせてきたらとかで決まっているのかもしれません。


nice!(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る