So-net無料ブログ作成

映画『バベル』 [映画]

2007年に公開された映画で、先日DVDで観た。

映画の題名は、「バベルの塔」のバベルに由来する。モロッコの砂漠を走っている観光バスの乗客が、いきなり銃で撃たれるところから物語が始まる。銃で撃たれた乗客の家族、そして乗客を銃で撃った人物の周辺を並行して描くことで物語が進行し、3本の糸が次第にひとつになってそれぞれの世界同士の関係が明らかになっていく。

乗客が撃たれるのは明らかに事件なのだが、それと並行して描かれる2つの物語は事件とは言い難く、しかも映画の中半くらいまでは関連がよくわからない。「なんじゃこりゃ?」といった感じ。中半以降は雲が晴れるようにクリアになっていくので、感動を覚えるかどうかはともかく理解はできる。ネット上の解説を見ると「孤独な魂をつなぎ合わせていく」とあるが、そこまで大袈裟な感じは受けなかったなあ。
http://www.werde.com/movie/new/babel.html

舞台は、モロッコ、メキシコ、そして日本の3箇所で少しずつ時間をずらして展開していく。舞台も言葉も異なる世界が根底でつながっていることを表現したかったのかもしれず、「バベル」というタイトルはそれを意識して付けられているのだろうか。

3つの世界で展開される物語はそれぞれ独立している。時間的な関係は敢えて語られていないのだが、1箇所だけリンクする箇所がある。撃たれたアメリカ人がモロッコの病院に搬送され、父親がアメリカの自宅で留守番している子供達とメキシコ人のメイドに電話をかける場面である。ここの場面から、メイドが自分の息子の結婚式に出るため子供達を連れてメキシコに帰るのは、モロッコでの銃撃事件が一段落着いた後だと知ることができる。またメキシコ人メイドが強制送還される時、子供達の親は怒っているが彼女を訴えることはしないと知らされる。ここの部分では間接的ではあるが2つの世界の交わりがある。

一方で日本で展開される物語は他の2つの世界との交わりは薄い。他の2つの世界から断絶されてしまっており、閉じた世界を連想させる。この関係性は監督の意図の元に作られていると考えられ、ここの部分がこの映画の一番の見所ではないだろうか。

映画それ自体を単独でポンと観てもあまり楽しめないが、解説記事を読んで考えると意外と味わい深いところがあるかもしれない。

以上
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

映画:吉高由里子「婚前特急」 [映画]

映画評論の紹介を見て、面白そうだったので見てきました。

性格の悪いタカピー女が、周りが自分の思うように動いてくれないとヒステリーと痴話ケンカを繰り返すという話なんですが、結構カラリとした雰囲気で楽しめます。主役である吉高由里子のキャラクターに依るところが大きいんでしょうかね。

まあ、最後に結婚するか否かは別としても、一時期はとても刺激になって楽しいんじゃないかと思えるような、そんな一コマを見せてくれます。

http://konzentokkyu.com/

以上


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

洋画「ソーシャル・ネットワーク」 [映画]

Facebook立ち上げの秘話を題材にした映画を観た。

私自身は、facebookを使っていないが、技術的なことはほとんど触れられておらず、ベンチャー企業立ち上げと成長の物語として良くできた作品だと思った。米国のシリコンバレー型ベンチャー企業に興味のある人にはお勧めできる映画だ。

私はシリコンバレーに友人はいないしITベンチャーの知り合いもいないのだが、シリコンバレー型ベンチャー企業には興味があるのでいろいろと情報を集めているのだが、そこに書かれている雰囲気とほぼ一致する内容だった。

色々な視点から考察できるが、私が一番面白いと思ったのは、オタクで人間関係に疎いマーク・ザッカーバーグが人間関係に着目したビジネスで大成功したことだ。一般的に、その分野や技術に秀出ている人が成功すると思われがちだが、実際は違うということ。専門性は尊敬の対象になるが、成功を約束するものではないというメッセージと受け取った。

ITの分野は、特にそれがソフトウェアであれば独学が可能だ。そしてサービスだったら独力で構築できる。しかし同じベンチャーでもバイオベンチャーの場合には様相が異なる。バイオテクノロジーは独学というわけにはいかないし、医薬品の開発だったら10年単位の時間がかかる。だから、バイオベンチャーは大手製薬企業出身者がその会社在籍時に構築したソーシャルネットワークを使ってビジネスするのだろう。もちろん独力でできる話ではないので、ベンチャーと言えども様態はIT系ベンチャーとはだいぶ異なる。

以上


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

映画「第九地区」 [映画]

今年、上映されたものですが、DVD化されたものを観ました。

地球にやってきたエイリアンが、力尽きて地球の厄介者になっているというお話。でもって、エイリアンと地球人のイザコザを利用しようとする悪徳企業と、その企てに巻き込まれた地球人とエイリアンのコンビが織りなす壮絶なアクション。アクションものは好きですが、バイオホラー的な要素が結構あるのはどうかなあといったところ。食事しながらの観賞はお勧めできませんです。

http://d-9.gaga.ne.jp/

以上
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

オネアミスの翼-王立宇宙軍 [映画]

1987年という、かなり前の映画ですが、アニメファンの間では定評がある映画だそうです。私はビデオカセットが発売されたくらいの時期に友人宅で見せてもらった記憶がありました。内容はよく覚えていません。少し前に、ホリエモンがこの映画を高く評価しているという新聞記事を読んで、そんなに面白かったかと興味が出たので、DVDを購入して鑑賞しました。

玄人好みで、知る人ぞ知るSFアニメ映画という話なのですが、わかるような気もしたし、よくわからない気もしました。誰からも期待されていない、落ちこぼれ集団が団結して宇宙ロケットを打ち上げるまでの話ですが、そこに至るまでの過程が丁寧かつリアルに描かれているのは確かに評価に値しますね。そのような意味では、面白かったと思います。ただ一方で、SFと言うには地味すぎて、サイエンス面での面白さはありませんね。また、シロツグ(物語の主人公)がリイクニ(同、ヒロイン)に会って大きく変わるといっても、まあ一目惚れの類でストーリー性はないし、その2人の関係自体が物語の展開に大きく関わっているというわけでもないですね。だからかえって良いのかもしれませんが、もう少し複雑なプロットでもよかったように思います。

宇宙ロケットを飛ばすのが、どれほど大変なプロジェクトかというのを一歩ずつ示しているという点においては、これはSFというよりは非常にリアルな話かと思います。サイエンス面での面白さや展開を求める、私のような人間にとっては少々的が外れていたかな、という感じがしました。

以上
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

朝日DVD文庫 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』 [映画]

ウェブサイトに『銀河鉄道の夜』のアニメ映画DVDの感想文をアップしました。

http://www005.upp.so-net.ne.jp/Kaede02/bookreport/bookrep50.html

1985年の作品ですが、映像は綺麗で作品の雰囲気がとてもよく表現されています。
船が氷山に衝突して、青年と幼い姉弟が天に召される場面は何回も繰り返し観ました。朗読とはまた違った味わいがあります。

絵は、例えば宮崎駿のアニメに比べると風景は素朴で幼稚な感じは否めませんが、ジョバンニとカンパネルラ(作品中では猫の姿で描かれています)の表情や仕草はよく描けています。絵は全体的に薄暗いトーンで統一されていて、この作品の雰囲気がよく出ていると思いました。

以上
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

洋画「私の中のあなた-My Sister's Keeper」 ニック・カサヴェテス監督 [映画]

成田空港ではラウンジが使えたので、パソコンを使おうと取り出したところ、ACアダプターを忘れてしまいました。正確にはACアダプターは忘れなかったのですが、ACアダプターとコンセントを接続するコードがトランクの中。。結局使えません。最小電力消費モードに切り替えて照明も暗くして、2時間ばかり作業しましたけれど予定が一気に崩れました。プレミアムエコノミー席が取れていたので機内の電源は心配しなくてよいと思っていたのに。。。結局、機内ではレポートを1本仕上げたところでバッテリー切れでPCを閉じました。

それから映画を2本鑑賞。「激突サブウェイ123」と「私の中のあなた」の2本でしたが、前者はB級アクション言うことなし。後者は観たいと思っていたのでちょうどよかったです。白血病で苦しむ姉の治療のため、HLAタイピングが完全一致するよう人工授精された妹が、自分は姉の治療目的のみで存在するのではないと両親(正確には母親)を訴えるというもので、日本ではまずあり得ないような異様な状況設定。先日たまたま訪れた医療機関(婦人科)にもポスターが貼ってあり、週刊STでも紹介記事が出ていましたね。

これから観に行かれる方もいらっしゃるでしょうから、ストーリーについてのコメントは避けますけれど、ラスト・シーンも含めて日本人には割と親和性がある話だと思いましたが、日本人としては何を今更。。といった印象も受けました。今の米国医療がどうなっているのか、実際に見たことはないので単なるコメントの域を出ませんが、がん治療にはかなりのお金がかかるのは確かなはずなので、この物語に出てくるのはかなり裕福な人たちかもしれません。それはそうとして、実際に米国でこの話がどのように受け止められているのかは知らないですが、医療格差があまりにも激しいと、最後の時を迎えるにしても、格差が大きいのではないかと推察します。この映画に出てくるような形は日本では割と普通に見られるのでは、と思いますが、米国では一部の裕福な人たちだけの話だとすると、米国のシステムはやはり問題があると考えざるを得ないですね。

以上

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

感染列島 [映画]

今年の冬に上映された映画です。劇場では観ませんでしたが、DVDがレンタルされ始めたので借りてきて観ました。

いわゆるバイオ系のパニック映画ですが、新型インフルエンザが流行しているのも相まって映画の世界の話だと言い切れません。未知の猛毒のウイルスとか、新型の病原菌だとかいう話は宇宙人が攻めてくるよりも真実味がありますからね。

懸命に治療にあたる医師や看護スタッフ達の大変さはまずまずよく描けているのではないでしょうか。映画やTVに出てくる医師や刑事は現場で活躍してナンボという感じですね。

インフルエンザにしろ、他のウイルスで引き起こされる病気にしろ、回復した患者の血清を注入して治療するというのは、抗血清療法という科学的な根拠がある立派な治療法です。今でもエボラ出血熱に対する治療法としてエボラ熱から回復した患者の血清が用いられているそうな。

それにしても、あのオタク的雰囲気のある研究者が見つけたウイルスの姿は。。。ウイルスというよりも寄生虫のようでした(^^; HIVやインフルエンザウイルスの電子顕微鏡写真を見てもわかりますが、ウイルスはもっと丸っこいですよね。しかも、シャーレを光学顕微鏡で覗いてウイルスを発見することもあり得ない話。。。ウイルスではなくて病原体としておいた方が科学的にはよかったのでは、と思いました。

それから、日本だけで蔓延することはあり得ないとか、患者からあれだけ出血があるとしたら医師や医療従事者はもっと感染しているはずだとか、設定に難がある部分もいくつかありましたが、まあよいのではないでしょうか。。パニックとしては、「アウトブレイク」の方が怖かったですけど。

以上
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ウォレスとグルミット「ベーカリー街の悪夢」 [映画]

イギリスのアニメ映画で、ぼんやり者のウォレスとしっかり者(犬)のグルミットが繰り広げるパロディです。
「ベーカリー街の悪夢」とは、もちろん「ウォール街の悪夢」をもじったものであることは言うまでもありません。

クレイアニメという、粘土で人形を作ってそれを動かすというちょっと変わった手法を取っています。彼等の目がくりんとして可愛いのが特徴(o^^o) 特にグルミッドは可愛らしいですね。

前作の「野菜畑で大ピンチ!」は1時間半の長編でしたので、今回も長編だろうと期待していたのですが、30分程度の短い映画でした。しかし以前に作られた、「ペンギンに気をつけろ」、「危機一髪」といった短編も同時に上映されたので、合計すると2時間近くの作品となっています。

話の展開は、イギリスだからでしょうか、どことなくのんびりとしています。ストーリー自体は別に深いわけでもなく、思想も感じられませんでしたが(つまり、日本のアニメにあるようなものを期待してはダメです)、ドタバタの動きが考え抜かれていますね。特にグルミットの動きは逸品です。

ウォレスが、グルミットに「お茶にしようか」と何かあるたびに命令するのが印象的でした。本当に、ソファに座ってお茶を飲んでいるだけという時間が描かれているのです。これはイギリスならではのことでしょうね。

以上
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

新海 誠監督アニメ映画「秒速5センチメートル」 [映画]

新海 誠監督のアニメ映画、「秒速5センチメートル」を観ました。

ストーリー自体はごくありふれたものですが、絵(人物よりは風景描写)がすごく綺麗です。特に電車関係の描写はとてもリアルで、鉄道ファンの方にとっても楽しめるように思いました。

3本の短編集から成る、少年・少女が中学生から社会人になる過程での心のすれ違い(成長?)を描いた作品です。親しかった異性と物理的、時間的に離れていって、最後は心の距離が離れて二人の間にあった特別の想いが思い出となって変性してしまう、そのプロセスをテーマにしています。おそらく大部分の人たちが一度は憧れたことのある、懐かしいシチュエーションの連続であって、作品の完成度は非常に高い、と思いました。テーマの奇抜さで勝負しているのではなくて、普遍的なテーマを監督自身の切り口で見せ方を工夫したものと言えるでしょう。場面場面は二人の気持ちが鋭くなる瞬間を切り取った断片の連続で、クライマックスがずっと続いているような印象を受けます。最初から終わりまで息をつく隙がない作品です。

作品中のヒロインの描き方が少女マンガっぽいところは好みが分かれるとは思いますが、このブログをご覧になってくださっている方にはお勧めしたい作品です。この作品の情報は下記web siteで入手することができます。

http://5cm.yahoo.co.jp/

それからこれは蛇足ですが、主人公の遠野貴樹が高校時代に属している部活は弓道部で、弓を引く場面が出てきます。DVDに収められている新海監督へのインタビューには仕事場の風景が写っているのですが、部屋の中に弓矢が置いてありました。ちゃんと実物を見て描いているんだなあと思いました。

以上
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る