So-net無料ブログ作成

NHKスペシャル「メードインジャパン・これが逆襲シナリオだ」後半 [日々のこと]

「メードインジャパン・これが逆襲シナリオだ」の後半を見ました。

要は、これからは(欧米がやっているように)ベンチャー企業を育てていかなければいけないといったまとめ方がされていました。日本にはいままで蓄積した技術や人材があるのだからそれを活用して逆襲すべきだ、と。まあ武器はあるからその使い方をきちんと考えてやっていきましょうよということのようです。

製造業、それもグローバル製造業が日本の得意分野だったわけですが、引き続きそれで行くのならばよいでしょう。でも中国やインドとの価格競争になるので、キャッシュを稼ぐ力は今までと同じというわけにはいかないでしょうね。顧客に高く買ってもらえるような製品を生み出して、一方で今までのと同様の労働者の雇用を保障していくのは容易なことではありません。

ベンチャー企業に望みを託すみたいは雰囲気で終わっていましたが、日本の文化ってベンチャー企業のような、ハイリスク・ハイリターンの世界とは相性が悪いように思うんですよね(^^; 特にアイディアのみに大金を払う文化ではないので、欧米でやられているようにベンチャーごと大企業に売り払って儲けを出すのはやりにくいように思っています。製造業の場合はいくらユニークな製品ができても商業ベースで生産して販売・流通のネットワークがきちんと構築できないと結局ビジネスにならないのですよね。販売・流通はネットの普及で個人や小規模ベースでも可能ですが、製品の生産はなかなかそうはいかないでしょう。この点、もしかしたら農作物を作る方が少人数で運営するベンチャーに向いているような気もします。

それから、超長期での技術蓄積はもちろん素敵ですが、アマゾン、グーグル、フェースブックといった企業が短期間に急成長し、大きな時価総額を叩き出したという事実にも触れ、日本がこれから先も製造業を目指すべきなのか、ということについてもきちんと議論してほしかったですね。まあ、番組製作のコンセプト自体が、”始めに製造業ありき”だったから仕方が無いのかもしれませんけど。

以上
メッセージを送る